top of page

〇〇時期に最適!『16時間断食ダイエット』

都立大学、学芸大学、東急東横線沿いのパーソナルトレーニングジム

ゴーフィールドフィットネスの水上です♪ 今回は色んな所で行ったことがあると最近よく聞く『16時間断食ダイエット』というダイエット方法を自らやってみたのでご紹介していきたいと思います。 16時間断食ダイエットとは、、 言葉の通りなのですが16時間は断食(モノを食べない)をして8時間は食事をする!このリズムで1日を過ごしていきます。これをある一定期間行うことによってダイエット効果を得られる方法です。

16時間断食ダイエットの主な【3つの効果】 このダイエット方法はダイエット効果はもちろんですが行うことによって他にも

色んな効果が得られます。 ①胃腸を休ませて胃腸の働きが復活! 1日3回食事をすると、胃や小腸に食べ物が残った状態で次の食べ物が入ってくることに。。自覚がなくても、胃腸がフル稼働して疲れているかも!? しれません。空腹の時間をしっかり取ることで、胃が休められて衰えていた消化機能が戻ります。また、腸も働きすぎで動きが鈍ると、便秘や下痢を起こすだけでなく腸内細菌のバランスの乱れにもつながります。腸の働きが整うことによって、肌荒れやアレルギー症状の緩和が期待できます。 ②ダイエットや生活習慣病予防に効果的 空腹の時間が続くと、体内で脂肪が分解されていきます。脂肪がなくなるメリットは見た目が変わるダイエット効果だけではなく、 内臓周辺につく内臓脂肪は分解されれば、生活習慣病にかかるリスクを大きく減らすことにつながります。糖尿病や心疾患、脳血管疾患など生活習慣病の原因にも繋がるのでリスク回避としても効果的です。 ③「オートファジー」が働いて、若々しい体に! 細胞が生まれ変わると生活習慣病や感染症の予防、肌や筋肉の老化を抑えることにもつながると言われます。オートファジーは常にゆるやかに働いていますが、体が飢餓状態になると更に活発化するとされています。その目安が、最後にものを食べてから16時間ほどなのです。 16時間断食ダイエットの方法

まずはじめに方法としては、基本16時間(断食)、8時間(食事)が守られていればどの時間帯からスタートしても何を食べてもOKです! 大きな型としていうのであれば、 ○朝〜昼過ぎまで【食事】でそこから【断食】 ●夕方から夜まで【食事】でそこから【断食】 この2パターンです。 オートファージ機能は16時間、時間がしっかり断食できていれば効果的!という事なのでどちらの時間帯でも大丈夫なんですね! ただ、私の考え方的には、オートファージ機能の活性化以外にも《自律神経の切り替え》による栄養の吸収率や消化不良の問題もあるので、 朝〜昼過ぎまで食事、夕方から夜は断食というパターンの方が気になる問題もクリアになると思います。 水上(omizu)の実践

今回、私は先ほど述べました朝〜昼過ぎが食事、夕方から断食というパターンで16時間断食ダイエットを1ヶ月間実施してみました! 《実践でのルール》 ○断食中はお水やお茶などのカロリーのない 水分のみ ○食事はなんでもOK。時間内ならいくらでも食べても飲んでもOK! ○運動は適度に週1〜2回 この辺りを守って実践してみました。 16時間断食ダイエット【1ヶ月間】の結果 体重-1kg減 、、微量ではありますが、1ヶ月で-1kg減った結果となりました。 まとめ、感想

8hの間で沢山食べてはいるので短期間の大きい減量は難しいとは思いますが、食べる時間帯も摂取量を調整すれば大きく減量も可能だと思います。1番今回びっくりしたのは、逆にこんなに食べたのに-1kg減ったというのが驚きました。腸内環境も整って、マクロファージもうまく機能していたのかなっと思いました。 このダイエット方法で1番いい取り入れ方としては、体重を維持する時期のダイエット方法としてはものすごく有効活用できる方法と思いました。 沢山食事も食べれて、体重も増えづらい! これは減量期を終えて、維持期にきた方は是非取り入れてみたら良いダイエット方法かと思います。

 


東急東横線『都立大学駅』南口より徒歩2分‼

東京都目黒区平町1-25-5 アペックス1F

TEL:03-6339-7413


日本発!スキンストレッチ公式採用

パーソナルトレーニング・コンディショニングジム

Go.Field Fitness Personal Training Gym


加圧トレーニング・筋膜リリース・スキンストレッチ・ボディメイク・ダイエット・ドライヘッドスパ




Commentaires


bottom of page